Friday, January 30, 2009

Make It Rain



The second installment of the Bukatsu series from Reebok was engineered based on 3 key technical elements that was inherited from the original Bukatsu Union-Versatility shoe; maximum breath-ability, grippy outsole, and light-weight construction.

Noticeable improvements from the original is the quarter panel ventilation details; dome-shaped molded mono mesh laminated with molded synthetic leather retains the shape of the shoe without building on unnecessary layers of material. This construction helps maintain the strength on the quarter without sacrificing the weight and breath-ability.

リーボックブカツシリーズの第二弾は前作のユニオンバーサティリティの3つの機能である、通気性、グリップ性、軽量性を継承し、設計されている。

前作から進化した点にサイドの通気孔ディーテールが上げられる。
ドーム型にモールドされたメッシュは型押しされた合成皮革にラミネート加工。この構造によって、余計な素材を加えずに靴の形をきれいに保つ事が可能になり、軽量性、通気性を犠牲にする事なく必要な強度は保たれる。



Also worth mentioning is the forefoot dual density midsole for lateral stability, full-foot internal mesh bootie, and low profile dmx foam for responsive cushioning.

The sample shown above was created using a last designed by taking an average of a large number of Asian basketball players’ feet. Nevertheless the upper pattern compliments this Asian last to obtain a specific proportion, the product that you will see in retail will have a slight modification to the last for wider range of audience-- visual sacrifice made, all for the sake of making the best performance shoe.

さらに特筆すべきディテールは、安定性を保つ為に前足部に配置されたdual density foam、靴下のようなインナーのinternal bootie、そしてクッショニングには薄めのDMX foam。

上のサンプルは、アジア圏のバスケ選手の足を基にデザインされた特殊なラストを使い、作成された。アッパーのパターンとラストの形が絶妙にマッチし奇麗なプロポーションを造っているが、販売されるバージョンはアジア人以外のプレーヤーにもフィットする様に修正が施されているーーそれは全て機能性の為に。

2 comments:

Daisuke Yoshimoto said...

是非ともこの『BUKATSU』を履いて現役中にプレイしたかったな~って思ってしまうほど、BADなものですね。笑。

Pro Drizzle said...

結構ワルイ仕上がりになっているんじゃないでしょうか!
サンプルからできるだけ変更なしで発売されるのを期待してます!